電話占いで満足のいく鑑定を受けるためのコツ


悩みや迷いがあってもいつでも誰かに相談できるとは限らず、場合によっては他人(特に身近な人)に知られたくない悩みもあるものです。

でも、電話占いなら顔が見えない分、話しやすくなりますし、好きな時に好きな場所から、誰に聞かれる心配もなしに相談ができる利点があります。

この記事では、電話占いを体験してみようと思う人が、満足のいく鑑定を受けるためのコツについてまとめていますので参考にしていただければ幸いです。

どんな鑑定方法を望むのか考えておく

占いと一口に言っても様々な占術があり、それぞれに得手不得手があります。

たとえば、あなたに気になる人がいて、相手の気持ちや恋の行方を占ってもらいたいとき、風水よりはタロットを選ぶのではないでしょうか。

逆に、引っ越しやマイホームを建てることを考えているときには、タロットよりも風水でみてもらおうと思うことでしょう。

占いだったら何でもいいというわけではなく、自分の悩みにあわせて占いの方も選ぶことが、占ってもらうときの大事なポイントになります。

占いは大きくわけると、命(めい)・卜(ぼく)・相(そう)・霊(れい)の四つにカテゴライズでき、それぞれに得意とする分野があるので、それを把握しておくことで、自分の悩みに対応した占いを見つける助けになります。

・命(めい)――六星占術、九星気学、数秘術、西洋占星術、算命学、四柱推命など

生まれた月日や年、出生した時刻、生まれた場所など不変的なデータをもとに占うので、扱う対象も、その人の生まれつきもっている運気や傾向、性質といったものがメインになります。

相手の性格や傾向は読めても、相手がこちらをどう思っているのかどうかを判断するのは不得意になっています。

・卜(ぼく)――タロット、ダウジング、ルーン占い、水晶占い、易、ダイス占いなど

不変的な情報から答えを探る占いとは逆に、サイコロの目のように偶然のうちにある必然や意味を見つけ出す占いです。

人の気持ちや過去から現在といった流動的なものについてアドバイスするのを得意としています。

しかし、時間的に短いスパンを対象としているので、遠い未来や、将来における結果の良し悪しについて判断するのは苦手です。

・相(そう)――手相、人相、家相、印相、風水、夢占いなど

今現在、そのものが持っている状態や様子、形状や見た目といったものから、今後の運気や変化をよみます。

手相を例にとると、今の手相が将来に渡って同じ手相であることはなく変化する様に、今とは違う未来や努力次第で変われるかもしれない未来について判断します。

今後の運勢や健康状態、開運などをよむことはできても、相手の気持ちをよむのは苦手な分野です。

・霊(れい)――千里眼、神通力、オーラリーディング、前世鑑定、チャネリングなど

既に挙げた「命」、「卜」、「相」のいずれか、あるいはそれらと併せて、占い師の霊的な能力の組合せで鑑定する方法です。

総合的な占いなので、どんな相談でも基本的には対応可能ですが、占い師の霊的能力の大きさによって的中率も大きく変わります。

占い師や流派によっては霊能力そのものを認めていない場合もあり、自称霊能者も少なからずいるので注意が必要です。

鑑定師に伝える情報をまとめておく

電話占いは分単位で料金が発生するところが多く、時間は意外にもあっという間に過ぎてしまいます。

自分と相手の相性を四柱推命で占ってもらう時には自分と相手の生年月日という「情報」を占い師に提供する必要があるように、占い師がこちらの悩みや相談に寄り添った占術を使い、適切なアドバイスを与えることができるよう、また時間を有効に使うためにも、相談内容を整理しておくのは大事なことです。

鑑定師の情報をチェックしておく

自分の悩みに合った占いで占ってもらうためにも、占い師の得意とする占いが何かを事前にチェックしておけばより適切なアドバイスをもらうことができます。

大抵の電話占いでは、占い師のプロフィールや人気ランキング、口コミといった情報が公開されているので参考にするとよいでしょう。

また、よく当たる(実力)も大事ですが、事実を強い口調や上から目線で説教されるよりも、こちらの気持ちを理解してくれる方が気持ちも楽になり、癒されたりすることもあります。

占い師の個性も様々なので、口コミなども参考にして、自分と相性のあいそうな占い師を選ぶことも、満足な結果を得るためには外せないポイントです。

まとめ

電話占いは手軽に、どこにいても自分の好きなときに利用できる便利なサービスです。

思い切って電話したことで、思いがけない解決の糸口がみつかることがあるかもしれません。

賢く利用するためにも、まずは自分の悩みを整理して、それに合った占いは何か、その占いを得意とする占い師は誰で、どんなプロフィールの持ち主か等、事前の情報チェックや用意をして、電話占いに臨みましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする