ナース人材バンクのおすすめ求人:扶養内の求人特集

これまで出産や育児で、看護職からは少し遠ざかっていたけれど、育児なども一段落ついて、また復職したいと考える人も多いですね。その場合に迷うのが、看護師としての働き方です。正職員としてフルタイムで働くのか、またパートタイムで働くのかということを選択しなくてはいけません。

 

その内パートタイムで働くことを選択した場合、更に考えるべきことがあります。それは、配偶者の扶養の枠を外れるか、または扶養内で働くかということです。パートタイムの看護師 求人の場合は、多くはその情報に時給が記載してあります。その時給によって、自分が扶養内にいることができるかも容易に判断することができるでしょう。

 

しかし、看護師 求人の時給は、ほかの事務職や飲食店などの職業に比べ少し高い場合が多いですね。そのため、扶養内で働くことを選択したならば、時給が高い分、働く時間を制限して病院勤務をしなくてはいけません。そうしないと収入面で扶養内にいられなくなってしまうからです。病院の多くは、看護師不足で人員を欲しがっているので、できればパートタイムでも長く働いてほしいと思うところが少なくありません。

 

そのために看護師 求人の中で短い時間ならば、一番忙しい時間だけという制限を付ける場合もあります。またパートタイムでもバイrバリ働きたいと感じている看護師にとっては、扶養内で時間を制限されて働くことはやりがいがないと思う人もいるかもしれません。扶養内で働く場合は、時給によっては短時間勤務になる可能性がある、

 

しかし扶養を外れれば、いろいろな制限がなくなり、雇用先からも保険などの福利厚生も受けることもできる場合があるので、メリットやデメリットを良く考慮したうえで、働き方を考える必要があります。