ナース人材バンクのおすすめ求人:保健師の求人特集

現在、全国の病院で慢性的な看護師不足が深刻化していますが、看護師の資格は持っているものの働いていない看護師の数も多いのが現状です。求人募集には看護師 求人という文字をよく目にします。

 

皆さんは看護師のスキルアップしたその上の保健師という資格をご存知ですか。あまり耳慣れない資格ですが、厚生労働大臣の免許を受けて保健師の名称を使用し、保健指導できるもののことを指します。

 

例えば、学校や保健所といったところで検診や健康相談などの指導が主な仕事になってきます。基本的に対象者は幅広く、乳幼児から高齢者までを対象としています。

 

仕事としては大きく3種類に分けられており、@地域保健師、A学校保健師、B産業保健師と言います。@について、主に市町村の保健所などで働く公務員です。主に乳幼児健診や高齢者検診など行政機関が携わる保健所の仕事に従事しています。

 

Aについて、これは手短にいうと学校の保健室の先生です。学生の健康管理や保健指導を主に行います。Bについて、主に一般の民間企業で働く保健師を指しています。企業で働く人たちの健康管理や指導を行っています。産業医や人事労務担当関係の職員などと一緒に仕事をする機会が多くなります。
給与面に関しては@はおおよそ公務員の給料に準じます。またAについても学校の規定によって違いますが、公立と私立では大きく差があります。Bについても企業によって差がありますが、時給制のところもあり、ボーナスにも差があるようです。

 

保健師は人気がある職業なので、看護師 求人にはなかなか記載されることがありません。ほとんどの場合、公務員や学校で働いていることが多く、給与面も安定しているためになかなか求人がないのが実情です。しかし、もしあなたが保健師の資格を取得していて、もう一度働きたいという意志があるならば、看護師 求人情報をたくさん持っているナース人材バンクに登録して、雇用の機会を得てみませんか。