ナース人材バンクのおすすめ求人:助産師の求人特集

最近、日本は慢性的な看護師不足に悩まされており、多くの病院で看護師 求人の広告をよく見かけます。ところで皆さんは看護師の免許を持ったうえで取得する資格をご存知でしょうか。最近は認定看護師など、病気の知識をさらに勉強し専門的に働くことのできる看護師が出てきました。その中でも国家資格として専門的な資格が助産師と保健師です。助産師は正看護師の資格を持った女性のみしか取得することのできない資格です。

 

仕事内容としては主に、出産を控えた女性を助けるのが仕事です。また出産を終えた女性に対して新生児の保健指導や妊産婦、じょく婦の健康管理、妊娠中の食事や運動などの生活指導、母乳指導、乳児指導など、出産、育児に対しての指導を行います。また出産時に助産師は医師の指示なしで助産行為を行うことができますが、普通の看護師は医師の指示があっても助産行為を行っていけません。病院では主に産婦人科で働く人が多く、総合病院などでも専門的な資格なので人事異動はほとんどありません。給与面についても、看護師と比べると待遇は良いところが多いです。経験を積めば、助産師は自ら助産院などの助産施設を立ち上げることができ、独立開業も行うことができます。

 

資格を取得するためには正看護師の資格取得をした後に、助産師養成学校に入学しなければなりません。しかし、現在の日本には助産師養成学校の数が少ないため、入学試験に合格することが非常に困難とも言えます。確率をいうと、国家試験に合格するよりもはるかに難しいのです、国家試験は90パーセントの人が合格しています。

 

もしあなたが、助産師の資格に興味があり、資格を取得したのちに、看護師 求人を見て病院で働きたいならば、ナース人材バンクに登録して見ませんか。多くの情報提供を行うことができるナース人材バンクならば、あなたの期待に沿う看護師 求人を紹介することができます。