ナース人材バンクのおすすめ求人:准看護師の求人特集

最近、日本は4人に1人が高齢者という超高齢化社会に突入しました。多くの病院で高齢者の患者が増えていますが、近年、政府の政策で3か月での退院や転床を行わなければならず、また高齢者の療養病棟も廃止されつつあります。しかし、患者が増える一方で、どこの病院でも慢性的な看護師不足に悩まされており、多くの求人広告で看護師 求人という文字をよく目にします。看護師には、正看護師と准看護師の2種類がありますが、正看護師は国家資格で、准看護師は公的資格になります。都道府県の各知事試験を合格した人がもらえる資格になります。准看護師は、基本的に専門技術を学ぶことが多いですが、正看護師と比べると思考や判断、社会での役割などを学ぶ時間が少なくなっています。

 

しかし、技術面においては准看護師は正看護師と同等でほとんど差異はありません。またどちらも病院では看護師として扱われています。しかし、正看護師が医師の指示のもと医療行為を行う一方で、准看護師は医師、歯科医師、正看護師のもとで医療行為を行うとされています。そのため、認定看護師や管理職への昇格が困難です。また賃金面でも差が出てしまいます。

 

しかし、現在病院では慢性的な看護師不足が深刻化しているため、働く機会はたくさんあります。需要も高く、採用される確率も高いです。また病院側からいえば、医師の指示のもと医療行為を実施できるのは正看護師も准看護師も変わりはないので、コスト面の低い准看護師は採用されやすいと言えるでしょう。高齢者施設などでは、病院と違って、資金の関係もあるので、正看護師よりも准看護師 求人のほうをよく目にします。

 

病院によっては正看護師になるための准看護師をサポートしているところも多いので、もしあなたが 看護師 求人をみて転職を考えているならばぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。