ナース人材バンクのおすすめ求人:2交替の求人特集

看護師 求人の求人で必ずチェックすることが夜勤の体制ですね。その病院が3交替制をとっているのか、そして2交替制をとっているのかは、働くうえで、重要なチェック項目になります。看護によって、そのシフト制の好みもあるでしょう。まず3交替制は、一回の夜勤の時間が短くて済む、その分体力を温存することができるので、夜勤明けの昼間を自分のために自由に使うことができるなどのメリットがあります。

 

反対に、一回の夜勤が短い分、一カ月の夜勤に入る回数は多くなる、また日勤、深夜勤と勤務と勤務の間隔が短い場合があるので、ゆっくり休息をとることができないというデメリットもあります。

 

反対に看護師 求人2交替制はどうでしょうか。一回の勤務時間は、夕方から翌朝までなので、非常に長い時間を拘束されることになります。しかし、その間に、2〜3時間の休息をとることができるのです。急変や入院患者があった場合には、休憩時間が取れないこともありますが。

 

また2交替制は一回の時間が長いために一カ月に入る夜勤の数は、少なくなります。しかし夜勤明けは疲労感が強く感じる人も多く、何もできずに休息の時間に充てるという看護師も多いです。

 

給料の面からすると、どちらにも夜勤手当がつくので、これまでと同様に考えることができるでしょう。これらのメリットデメリットを比較して勤務体制を検討する必要がありますね。

 

また病院を経営する側にとっては、2交替制の方が看護師の人員が少なくても、勤務を回していけるという利点から、最近では2交替制勤務にするところも増えています。看護師 求人を見ても2交替制の病院も多いので、まだその勤務体制を経験していない人でも選択せざる得ないという場合も少なくありません。