ブランクがある看護師向けの看護師求人サイトはどこなのか?

看護師資格を持ちながらも医療現場を離れている潜在看護師は55?75 万人いらっしゃるそうです。これは、看護師等免許保持者の約3?5 割にあたるそうですね。そして、このブランクのある看護師のうち、ある調査によると、、再就業したいという人は27.1%、条件次第で再就業したいという人は43.0%、あわせて7割くらいになるようです。

 

もともと、ブランクのある看護師の方は、辞めるときに、看護師の仕事が嫌でやめた方以外は、結婚や出産、引越しなど、仕事の継続が困難になったために、家庭に重きを置いてやめられた方や現在の職場では、体力的に勤め続けることが難しくなった場合がほとんどです。

 

よって、子育てが終わったり、家族等周囲の人のサポートや後押しが可能になったり、多様な勤務形態を希望することで、復職している人がたくさんいます。
ただし、こういった潜在看護師が復職するためには、クリアしなければいけないことがあります。それは、まず、「困難感の払拭」と「復職のための条件のクリア」です。

 

「困難感の払拭」とは、医療知識や、採血等の技術などについての自らの業務能力への不安により、復職するのを戸惑っているケースです。これは、産休などで半年?一年程現場を離れていただけでも感じるものですが、この払拭には、病院や自治体で広く行われている「潜在看護師の復職支援研修」という対策もあります。また、介護施設など、病院よりものんびりしていて、医療技術をあまり必要としないようなところへ復職するのもひとつの手ですね。

 

第2の「復職のための最低条件を満たすこと」ですが、これは、夜勤がないことや託児所があること、家から近いことなど、家庭との両立のためにクリアすることですが、これは案外、情報があれば対応できるものです。

 

そして、最後は、復職に踏み切ることに背中を押してくれる存在がいるかどうかです。で、ここで、いい情報があります。これら3つのことを可能にしてくれる、パートナーの存在です。ハローワークやナースバンクよりも、より支援してくれるものです。それは、「看護師求人サイト」です。この看護師求人サイトを利用すると、専任のコンサルタントが自分の代わりに、自分の希望、条件どおりの求人を探してくれます。

 

しかも、その求人は、希望、要望に応じたものであるとともに、地域のハローワークやナースセンタに出てこない、病院から看護師転職サイトへ直接依頼された、一般には、非公開の求人であることが多いので、好条件、高給与、高待遇のものであることが多いです。

 

ここで、その専任のコンサルタントですが、自分の悩み事や転職に関する相談、アドバイスに乗ってくれるので、いろいろと役に立ちますし、病院側との交渉や調整、ダンドリもやってくれるので、復職活動が十分可能になるわけです。

 

やはり、復職のときには、不安が多いので、こういうコンサルタントから、いろいろとプロの人の意見、アドバイスを貰えることは、いいペースメーカーになったりしますね。そして、利用は、無料なので、安心して登録できます。今すぐには、復職を考えていない人や「〇〇病院の求人はあるのか?」「〇〇病院の評判はどうなのか?」などのまずは情報収集したいという人の利用も可能です。

 

でも、看護師求人サイトもいろいろたくさんあって、どこを利用するばいいのか迷いますよね。そこで、おすすめなのが「看護のお仕事」です。最大級の全国13万件以上の病院情報を持っています。それから、特徴としては、希望する病院等に対して、求人の有無の確認や交渉を行う求人リクエスト、病院との交渉事はすべてお任せ、地域毎の担当制による通勤時間や周辺のお店などを教えてくれるなどの細かい配慮の行き届いたサポートが可能などの特徴があります。さらに、転職が決まれば、転職支援金最大12万円支給、そして、転職後のご相談もOKも可能です。

 

また、看護師さんのサービス満足度、コンサルタントの対応満足度、友達に勧めたいランキングの評価は第1位です。(2013年潟lオマーケティング調べ)このことは、それだけ、転職をサポートしてくれるコンサルタントの質がいいことを表していると言えると思います。

 

さらに、この看護のお仕事は、看護師転職意識調査アンケート結果によると、医療関係の仕事に携わる20〜49歳の女性の4人に1人が利用しているサイトです。その理由は、職場の内部情報に詳しく、人間関係、離職率、残業の状況、休暇取得の状況、職場の雰囲気、評判など、外からではわかりづらい、職場選びに欠かせない情報が充実しているので、働く前に、どんな職場かよくわかり、安心して転職できるからです。

 

なお、登録は無料で、今すぐには転職しないという方や、まずは情報収集だけという人でもOKです。例えば、「自分の住んでいる地域にいい病院やおすすめの病院があるか?」とか「●●●市の〇〇病院は、今看護師を募集しているか?」などの質問でもOKですね。

 

↓その看護のお仕事はコチラ!↓

 

看護のお仕事