保育園看護師の求人ってどうなの?

保育園での看護師勤務ですが、子供が好きな人にはたまらない仕事ですよね。例え、育園での実務経験・小児科経験・子育て経験がなくても、看護師としての知識・経験・やる気があれば大丈夫だと言われています。唯一、必要としているのは子どもが大好きな事だということです。

 

保育園での看護師の役割ですが、主に保護者から子どもと保護者への健康支援、職員への保健指導など園内での役割とともに、関連機関との連携、さらには地域の子育て相談など幅広い保健活動になります。したがって、病院などで行ってきた点滴、注射などの医療行為の機会が減ります。仕事は、具体的には、 勤務時間は8:30〜17:00、9:00〜17:00など、基本的には時間が固定されており、中抜けなし、土日祝日休みの勤務なので、拘束時間も短く働きやすいのが特徴ですね。

 

なお、最近では、現在、保育園もしくは保育所に看護師1人が所属する所が増えてきています。これは、2008年から始まった厚労省が保育園への看護の設置を促したという比較的新しい試みからです。そして、厚労省は私立認可保育園への看護師の配置はもちろん、公立保育園についても運営する市町村に対しても、看護師を配置するように方向づけてきたからです。

 

そして、この保育園での看護師というのは、 保育士の資格を保持してなくても、看護師の免許だけで保育園に勤務する事が可能です。

 

この保育園看護師のメリットは、夜勤が無いということです。病院勤務の看護師の場合はほとんどが夜勤があり、夜勤があることで生活のリズムが乱れてしまったり、体への負担が大きくなってしまったり、一般の仕事に就いている友人たちとなかなか会えなかったりしますが、保育園看護師は夜勤がないので、そんなことはありせん。

 

そして、デメリットですが、保育園勤務の看護師は、正社員・非正規雇用問わず、日勤で定時上りが基本であり、夜勤や残業もありませんので、残業代や夜勤手当がつかず、給料を重視する方には、向いていないと思われます。また、園児が思わぬ怪我をしたり、流行している感染症のせいで保育師とともに、看護師の責任が問われる可能性もなきにあらずです。でも、子供が好きで、休みが安定していて、病院のような時間に追われるストレスはないので、精神的にはいい職場ですね。

 

保育園での看護師求人を探すなら

 

保育園での看護師求人は、数が少ないです。だから、転職したい、入職したいと思ったときに、探してみても、なかなか希望のところの求人がないことが多いです。だから、事前にお願いをしておいて、そういった求人の空き、募集が出た場合に、申し込むというのが一番いいと思います。それには、看護師求人サイトというのが一番おすすめです。

 

この看護師求人サイトを利用すると、専任のコンサルタントが自分の代わりに、自分の希望、条件どおりの求人を探してくれます。ここで、その専任のコンサルタントですが、自分の悩み事や転職に関する相談、アドバイスに乗ってくれるので、いろいろと役に立ちますし、保育園側との交渉や調整、ダンドリもやってくれるので、働きながらの転職活動が十分可能になるわけです。

 

そして、利用は、無料なので、安心して登録できます。今すぐには、転職を考えていない人や「〇〇保育園の求人はあるのか?」「〇〇保育園の評判はどうなのか?」などのまずは情報収集したいという人の利用も可能です。

 

けれども、看護師求人・転職サイトもたくさんあって迷いますよね。そこで、おすすめなのが「MCナースネット」です。なぜなら、このMCナースネットでは、保育園看護師という求人を専門的に集めているからです。なお、治験コーディネーターの求人を積極的に集めているのは、数ある看護師求人・転職サイトの中でも、このMCナースネットだけです。

 

↓その「MCナースネット」はコチラ!↓