常勤(夜勤あり)の看護師求人について

看護師 求人は、ハローワークや医療専門求人情報誌などで探すことができます。看護師の勤務場所には、病院やクリニックなどの医療機関、特別養護老人ホームや老人保健施設などの介護施設、訪問看護や訪問入浴などの訪問系、企業や学校、行政、単発・短期など多岐に渡りあります。勤務体制も医療施設などによって、全く異なってきますが、常勤(夜勤あり)・(夜勤なし)、非常勤、夜勤専従、午前診・午後診などがあります。

 

常勤(夜勤あり)の場合の働き方は、主に入院施設のある大学病院や総合病院などの病棟や救急外来が多いです。常勤(夜勤あり)の勤務形態には、二交替制や三交替制、そして夜勤専従などの看護師 求人があります。
二交替制は日勤の9:00〜18:00、准深の18:00〜9:00、三交替制は日勤の9:00〜17:00、准夜の16:00〜12:00、深夜の12:00〜9:00という働き方が特徴、夜勤勤務の回数には法律上、制限があります。

 

夜勤専従は、その名のとおり、夜勤に特化した働き方で、夜勤のみに勤務に入り、勤務回数の制限はありません。夜勤勤務のメリットは、日勤と比べてお給料が高いことが挙げられます。又、救急などでは、命との戦いの場が多いので、早急で迅速な対応が求められます。しかし、スキルが身につくので大変やりがいのある勤務です。

 

昼と夜の生活が逆転するので、生活習慣が乱れないように、自分の体調管理を行うことも仕事です。院内保育所がある施設も多いので、子供を預けて働くことが可能です。常勤(夜勤あり)の看護師 求人のお仕事を探しておられる方は、夜勤勤務のメリットとデメリットをしっかりと把握したうえで、勤務されることをお勧めします。