看護のお仕事の概要

日本では、少子高齢か進み、医療費の増大と看護師不足の問題が起こっています。しかし、看護師さんの労働はかなり過酷だといわれていて、なかなか改善されず、看護士の負担も大きくなっています。実際にある調査では、月に40時間以上の残業をしている人が非常に多いということです。その為、転職を希望する人と受け入れる側の需要は大きくなっています。

 

看護師が働く場所は総合病院のような大きな病院から診療所のような小さな規模の病院まで様々ありますが、最近では、有料老人ホームや福祉施設の求人数が増えているというのが実情です。特に老人ホームや福祉施設などは将来的には、かなり伸びる業種でもあり、転職希望が増えています。

 

では、看護師の仕事とはどのようなものなのでしょう。仕事の概要は、医師の補助といった仕事の他に体温、脈などを測ったり注射や点滴が主な仕事です。時には、食事やお風呂といった身の回りのお世話をすることもあります。

 

病院での看護のお仕事は殆ど変わりませんが、只、大きな病院か民間の病院で働くかでも仕事の概要は違ってきます。患者さんが持っている不安や疑問が取り除けるようにコミュニケーション力を必要としたり、観察力が必要としたりします。

 

又、内容的には変わらないといっても、職場の環境が小児科であったり介護が必要な老人であったりすると概要も違ってきます。長期の入院生活によって不安を抱えてしまっている患者さんに十分な心遣いをしてあげる事で、治療は出来なくても、メンタル面でのケアを行うことで、病気を早く回復させる事が出来ると言えます。

 

因みに自分に合った条件の職場を見つけるにはどうしたらいいでしょう。最近では、看護師求人サイトに登録だけしておくという方法を取られている方も多いでしょう。大抵は登録無料、サポート面が充実していますし、コンサルタントが全て手配してくれます。実績のあるサイトに登録するのがお勧めです。