看護師の求人市場はどうなっているの?

看護師さんの求人、転職市場について調べました。現状は、1年間に転職する看護師は、11万人します。そのうち、ハローワークや看護協会のナースバンク・ナースセンターなどで自分で探して転職する人は、約9万人、看護師求人サイトを利用する人は、約2万人となっており、圧倒的に、自分で探す人が多くなっています。まだ、看護師求人サイトを利用する人は少ないですね。

 

一方、看護師の求人情報はどうかというと、8割の情報が看護師求人サイトで募集されており、残り2割がハローワークや看護師協会のナースバンク・ナースセンターなどにおいて公開されている情報であることがわかりました。だから、量の面では、圧倒的に看護師求人サイトに求人情報が集まっているということです。

 

以上のことから、自分で探して転職する人は、9万人もいて、2割の公開求人情報を奪い合っているとも言えます。一方、看護師求人サイトを利用して転職する人は、2万人で8割の非公開求人情報を得られるというk、看護師求人サイトを利用したほうが競合もおらず、圧倒的に有利に求人情報を手に入れることができるといえます。

 

なお、求人情報の量的には以上のようなことですが、質的に考えてみても、看護師求人サイトの求人情報は、地域のハローワークやナースセンタに出てこない、病院から看護師求人サイトへ直接依頼された、一般には、非公開の求人であることが多いので、好条件、高給与、高待遇のものであることが多いといえるでしょう。

 

よって、量的、質的に考えても、看護師求人サイトを利用するほうが圧倒的に有利であると言えます。

 

看護師求人市場の現状