治験コーディネーターの看護師求人はどこにあるの?

治験コーディネーターは、別名CRCと呼ばれていますが、これは、Clinical Research Coordinatorの略になります。この治験コーディネーターというのは、新薬や新たな医療機器を市場に出すため、治験が行われる病院やクリニックなどの医療機関施設側を支援して、様々な結果、データをとりまとめる仕事です。

 

具体的には、治験実施計画書に基づいて、医師 の指示の元に患者さんに薬や医療機器を正しく使用してもらうため、スケジュール管理し、検査・データーを正しく得られるように病院側を支援していきます。なお、CRCの雇用は大きく分けて直接病院に雇用されている(院内CRC)か、民間会社で専門に病院にCRCを派遣するSMO(病院・クリニックに治験コーディネーターを派遣する民間会社)のCRCと二つに分けられます。院 内CRCの多くは非常勤(アルバイト)での採用がほとんどで、常勤職員の場合はCRC専任ではなく薬剤師や看護師業務との兼任という場合が多くなっています。治験コーディネーターは看護師出身の人が大半を占めるそうです。

 

なお、このCRCのやりがいは、新薬が患者さんに効いた時などの喜びにあると思います。そして、治験コーディネーターの仕事はデスクワークが多くなりますが、複数の治験を担当する際にはいくつかの医療機関を行ったり来たりしながら仕事に携わります。

 

でも、このCRCの求人を探すのは大変です。一般的な求人サイトやハローワークにはないからです。そこで、看護師の求人サイトを利用するのがおすすめです。看護師求人サイトを利用すると、専任のコンサルタントが自分の代わりに、自分の希望、条件どおりの求人を探してくれます。

 

けれども、看護師求人・転職サイトもたくさんあって迷いますよね。そこで、おすすめなのが「MCナースネット」です。このMCナースネットでは、治験コーディネーターという求人を専門的に集めているからです。なお、治験コーディネーターの求人を積極的に集めているのは、数ある看護師求人・転職サイトの中でも、このMCナースネットだけです。

 

↓その「MCナースネット」はコチラ!↓