内視鏡看護師について

看護師 求人の中でも内視鏡看護師は特定の専門的な知識を持つ分野だと言えます。内視鏡看護師の求人としては、主に内視鏡検査を行う、健診センターや外科病棟、また手術室などからのものが多いです。内視鏡といえば、主に消化器を見る検査になるからです。そして最近では、外科などという一つのくくりではなく、肛門科や胃腸科、内視鏡科など細かく診療科に分れている場合もあるのです。そのために、看護師 求人が出ているそれぞれの場所で活躍することができます。

 

内視鏡看護師の主な役割は、医師の介助を行いつつ、専門知識を持っているので、適切に患者の誘導、アドバイスを行い、安全で安楽に内視鏡を終えることが最大の目的です。患者の中には、内視鏡の検査が初めてで、不安を抱えて受診して来る人もいます。また内視鏡自体には慣れているけれど、その検査の結果に対して不安を抱いている人もいます。不安があればそれだけ緊張感もありますので、検査を行う上で麻酔が効きにくいことや、検査中に気分不良を起こす、吐き気を起こすなど2次障害の可能性もあります。そのために患者さんの精神状態を良く把握して看護する必要がありますね。

 

また医師の介助をする際には、医師によって、やり方が少し違う時もあります。また看護師 求人の出ている病院によって使用する内視鏡も違う場合があります。そのために、その場所のやり方を習得できるように、基本をしっかり押さえ、臨機応変に対処していくような考え方が大切です。そして、検査前の患者さんの誘導や検査をしやすいように医師の介助を行っていくことが大切です。内視鏡に関する知識があるからこそできる分野であり、その看護師 求人も少なくありません。