手術室(オペ室)看護師について

看護師 求人サイトで探すと、手術室(オペ室)看護師の募集が行われていることがあります。手術室(オペ室)看護師になると、器械出しや外回りのような、手術室特有の仕事を任されることになります。器械出しは、手術の進行状況に合わせ、次に要求される器具を予測して、準備する必要がありますし、外回りでは、麻酔導入の介助や機器の用意、出血量の管理など、患者さんが手術室を退室するまでのサポートを行います。

 

手術室以外では経験できない仕事を行うのが、手術室(オペ室)看護師なので、高い専門性が必要になります。経験を積めば、やがては手術看護認定看護師になることも出来るので、キャリアアップをしたいなら、看護師 求人サイトの中から探してみるようにしましょう。

 

手術は長時間に及ぶものも多いので、肉体的にも精神的にも強い人でなければ、ついていけなくなってしまいます。それに状況に応じた論理的思考が出来なければなりませんし、コミュニケーション能力が高い人でないと、チームとの連携プレイが出来なくなってしまうでしょう。

 

この仕事は体力勝負のところもあるので、辛いと感じることも多いですが、大抵のオペが平日の日勤帯に組まれているため、緊急オペでもない限りは、土日祝日が手術室(オペ室)看護師の休日となっているところがほとんどです。
また病棟勤務のように夜勤もありませんから、家族との予定も立てやすいため、結婚している女性も多く働いています。残業もほぼないので、心身ともに疲れるハードな仕事でありながら、プライベートを充実させることが出来ます。
看護師 求人サイトから探せば、給与が高く、休日・休暇が多くて、福利厚生が整った職場をいくつも見つけることが出来るので、手術室(オペ室)看護師にチャレンジしたい方は応募するようにしましょう。