外科の看護師求人について

看護師 求人の中でも外科の分野は好き嫌いがはっきり分かれる科ではないでしょうか。

 

外科病棟の特徴は、主に手術前後の患者が多く入院する場所なので、医療処置的な看護が多いこと、また術後の管理を行わなくてはいけないので、患者の全身状態を把握するような知識が求められること。また朝の回診や術後の処置で、毎日があわただしいこと、そして急変や緊急入院などがあることなどが病棟の特徴として挙げられます。そのために、外科を好む看護師は、フットワークが軽く、急変などにも対応できるような即戦力に自信がある人が多いです。

 

また内科のような慢性的な経過をたどり、患者一人一人にゆっくり向き合う時間が比較的長く取れるところとは違って、外科では、術後の緊張感のある看護が好き、急性期看護で患者の状態が刻々と変わっていく、また日に日に元気になっていく姿を見て退院までの経過を看護することが好きという看護師も少なくありません。

 

看護師 求人の中にも、その即戦力を期待して、外科経験のある人を求める求人も少なくありません。大きな病院に就職をしたい場合には、未経験者でも一から指導する教育システムがそろっていることでしょう。新卒でも中途採用者でも外科病棟を希望すれば、それで働くことのできる可能性は十分にあります。しかし、それほど大きくない病院になると、医師の数や看護師の数も限られてきます。患者に対する看護師の数も制限があるために、それに伴い、看護師一人一人の能力とその即戦力に病院は期待をしている場合が多いです。そのために、看護師 求人の中には、経験年数を記載しているところもあります。また面接時に、詳しくこれまでの経験を確認されることもあるのです。