訪問看護の看護師求人について

現在、我が国は日本人の4人に1人が高齢者という超高齢化社会に突入しました。そのような中で、国は社会保障費を減らすために病院から療養病棟を廃止し、在宅へ高齢者を返す仕組みをとるように変化しており、高齢者を取り巻く環境は年々変化しています。特別養護老人ホームなどの施設に入ることのできる高齢者はわずか一握りで、有料老人ホームでは資金がかかるため、低所得層の高齢者は施設入居は望めません。そのため、高齢者のほとんどが在宅で過ごすようになってきています。しかしこの在宅での生活が非常に大変なのです。

 

在宅での生活といっても、退院直後、すぐに健康状態が回復している高齢者は非常に少なく、ほとんどが医療や介護を必要としている状態に陥っています。そのようなときに、医師の指示のもと、訪問看護の看護師が自宅を訪問して、日常生活の世話や医療指導、処置などを行ってくれるのです。訪問看護は基本的に医師の指示のもと在宅の患者に対して必要な処置を行います。その高齢者の体調がすぐれないときは医師に報告し、大きな病院と連携をとることもできます。
現在、日本は慢性的な看護師不足に悩んでおり、多くの病院で看護師 求人という文字をよく目にします。また訪問看護に至っては、人員不足の事業所が多く、受け入れ患者を制限しているところも多いです。看護師 求人募集にもよく記載されており、看護師を常時募集している状態です。

 

訪問看護の仕事で難しいのは、病院で治療するのではなく、患者の家に行くために、その患者に合わせた細やかな対応が求められてきます。言葉使いなどの接遇の他に、その家族に対しての気配りや様子観察も必要になってきます。また、医療物品も少ないために、臨機応変な対応も必要になってきます。
もしあなたが、看護師 求人募集を見て、働きたいと思ったならば、看護師としてのスキルアップを図るためにも訪問看護の仕事に挑戦してみてはいかがでしょうか。