特別養護老人ホームの看護師求人について

現在、我が国は4人に1人が高齢者という超高齢化社会に突入しました。国の政策によって、高齢者は病院に長期間入院することが難しくなり、3か月程度しかいることができなくなりました。また療養病棟も廃止の方向に向かっており、高齢者は在宅へ戻るしかない状態になっています。介護保険を使い在宅で生活する高齢者が多い中で、どうしても在宅生活が困難になってくる高齢者は特別養護老人ホームや有料老人ホームなど高齢者施設に入所します。

 

特別養護老人ホームは基本的に高齢者が日常生活を過ごすことのできる施設で、食事、排泄、入浴、運動などを行うことができます。またレクリエーションや外出なども行うことができ、看護師や介護士から安全にケアを受けることができるので、自宅で生活するよりも安心して生活することができます。

 

特別養護老人ホームで看護師の仕事は、日常生活のケアが主になってきます。高齢者の体調によっては、点滴や経管栄養、褥瘡処置などの医療処置も行います。また勤務形態として、夜勤業務も携わらなければいけません。基本的に看護師と介護士の二人勤務で行います。

 

現在、特別養護老人ホームでは、慢性的に看護師が不足しており、多くの求人票に看護師 求人という文字をよく目にします。また病院に比べると、賃金の差も出てくるので、どうしても看護師 求人は病院に比べて数が少ないのが実情です。
もしあなたが高齢者看護について興味があり、看護師 求人募集を見て高齢者施設で働きたいならば、自分のスキルアップを図るためにも働いてみてはいかがでしょうか。高齢者が好きな人や、高齢者と触れ合うことで、もう一度初心に戻って看護技術を振り返ることもできるので非常におすすめです。