看護のお仕事の体験談

看護師としての資格を取得した当時の私は、とにかく看護のお仕事がしたくてしたくてたまりませんでした。しかしいくら資格を取得したからと言っても、実際に体験談などを読んで看護のお仕事の大体の概要を掴んでからでないと何かと不安だと思ったので、まずは体験談をインターネット等で調べてみることにしました。看護のお仕事に関する求人サイトは沢山あるものですが、看護のお仕事に関する体験談もかなり多いものです。私は様々な体験談を読み進めていきましたが、その中でも特に印象に残っているものがあります。

 

看護師の資格を取得してすぐにとある病院で働くことになったという看護師の体験談を読んだのですが、とにかくその看護師は想像以上の激務にしばらくの間は押しつぶされそうになっていたのです。夜勤もあるのでなかなか生活のリズムも掴みにくいし、同僚や上司等からのいじめのようなものもある。それに加えて人の命を預かっているという責任感もあり、新人看護師の離職率が高いのもその時はじめて納得したというようなことが書いてありました。しかしある時とある入院患者さんに、いつも大変なのに笑顔でよく頑張っているねと声をかけられたそうです。その時その看護師はそれまでの苦労が報われた思いになり、もう少しこの病院で頑張って働いていこうとの気持ちになったのです。

 

この体験談を読んで私まで何だか嬉しい気持ちになってしまいました。私も看護師として働いていく以上、どうしても色々と大変なことに遭遇するでしょうし、辞めたくなってしまうこともあるでしょう。しかしそんな時にはこの素晴らしい体験談を思い出し、看護師にそもそもなりたいと思った理由をもう一度自分に聞き、頑張っていこうと思います。